<< Benelli Wards Riverside special | main | ON ANY SANDA 2013 >>
2013.04.02 Tuesday

Benelli Wards Riverside & Mojave


0


    ネットで拾ってきた画像です。あまりにもマニアックな車両なのでちょっと知ってるだけの知識を並べておきます。イタリア製ベネリ・Wards Riverside というバイクです。年式は確か1966年から製造されています。同じ車体で排気量は250/260/350/360の4種類が存在します。以下は350の豆データです。

    エンジン型式;空冷OHVシングル
    排気量;348cc
    ボア&ストローク;74mmx81mm
    キャブレター;デロルト
    イグニッション;6Vバッテリー点火
    トランスミッション;プライマリーギアドライブ、4速
    サスペンション;フロントテレスコピック、リアスイングアーム
    ブレーキ;前後シングルリーディングドラムブレーキ
    タイヤ;フロント275X18インチ、リア3.00x17インチ
    最高速度;90マイル(約140km/h?)

    以下は雑誌の試乗記事です。

    ライディングポジションはBSAのC15やB40と同じくらいで、コンパクトにまとめられており、エンジンパワーは50年代のAMC(たぶんAJS?)かアリエルの単気筒と同等程度の出力であろう。車体はとても軽く英国車のそれらよりも50kg近くは軽くてクイックなハンドリングである。イタリア製の典型的なユニットエンジンは楽しく、気持ちの良い回転の伸びがえられる。またトップで25m/hからでもスムーズに加速していけるのでロンドン市内の渋滞の中を走行することも可能だ。



    で、こちらが同じエンジンを使用して製作されたMoJave(‘モハベ’らしいです)です。1968年製のMojaveは当時ベネリがアメリカ向けに作ったロードスクランブラーとも言うべき車両で、フレームの原型は英国のリックマンを参考にして作ったそうです。確かに良く似たデザインでした。この画像もネットで拾ってきたものですが、今回僕が使用しているエンジンはこのMojave260のエンジンがドナーとなっています。
    関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。男の隠れ家、大人の秘密基地に最適な憧れのDIYガレージをお届けします。
    おしゃれなガレージ:関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    亀岡トライアルランド
    亀岡トライアルランド
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM